決済代行サービスの利用で、どのようなメリットが?

決済サービスには様々な種類があります。例えば、クレジットカード決済やコンビニ決済、銀行のインターネットバンキング決済やスマートフォンキャリア決済など多岐に渡ります。

ただ、クレジットカード決済やコンビニ決済といった数種類の決済を企業が個別に導入するとなると、カード会社ごとやコンビニごと、電子マネーごとにシステムを開発する必要がでてきます。さらに、セキュリティを強化する必要があるため、開発には莫大な費用や時間が必要となります。 これはあまりにも非現実的です。そこで、多くの企業がその解決策として選ぶのが、決済代行サービスです。

決済代行サービスを利用するメリット

事務処理の軽減

決済代行サービスを利用すると、1つのシステムを導入するだけで様々な決済方法に対応することができます。個別のシステム開発や事務手続きが不要になるので、導入にかかるコストや時間を軽減できます。さらに、現金を管理する必要がないため、事務手続きのミス軽減にもつながります。
また、各会社と契約すると入金のタイミングなどが異なってしまいますが、決済代行サービスなら、たとえ複数の決済を利用していても入金日が1つで済みます。さらに、決済代行会社が提供する決済管理システムの使用によって、売上の管理が楽になるといったメリットも得られます。

売上アップに貢献

購入者は希望の決済方法がない場合、希望の決済方法がある別のサイトで購入するかもしれません。つまり、せっかくの売上チャンスを逃す可能性があるのです。決済代行サービスを利用して複数の決済方法を用意できれば、その可能性は低くなり、機会ロスを減らすことができるので、売上アップにつながります。
このように購入者の利便性向上につながり、購入者を確実に引き込むことができるのも、決済代行サービスを利用するメリットです。企業は、できるだけ多くの決済手段を用意しておくと良いでしょう。

購入者の満足度が上がる

決済代行サービスを導入することで、場合によっては即時決済が可能となり、商品が購入者に到着するまでの時間を短縮することもできます。「購入したらすぐ届いた!」など、顧客の満足度アップにも一役買うのです。
満足度が上がることにより、リピート率の向上や顧客単価のアップにつながり、全体として売上増加が見込めます。また、面倒な事務作業が省けることで生まれる時間を、商品管理やサービス向上のために充てることで、さらなるサイトの改善が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加