混同されがちな科目「売掛金」と「未収入金」の違いとは

記帳を行う際、「勘定科目が判断できない」ということはないでしょうか?
内容が似ている科目は、どちらに計上すればいいか迷ってしまうこともありますよね。

比較的よく使用する科目でありながら混同されがちなものに「売掛金」と「未収入金」があります。 どちらも未回収の代金を指すことは同じです。 この二つの科目は、どのように区別すれば良いのでしょうか?

「売掛金」は、本業の取引で生じた未回収金

まずは「売掛金」の意味について確認してみましょう。 売掛金とは、「主たる営業活動による取引」によって生じた未回収の代金のことを指します。本業として販売している商品や提供しているサービスに対する代金のうち、まだ支払われていない金額が売掛金にあたります。

請求業務から売掛金の回収まで代行するPaid(ペイド)

「未収入金」は、本業の取引以外で生じた未回収金

一方、「未収入金」とは、「主たる営業活動以外の取引」によって生じた未回収の代金を指します。

本業以外の取引というとピンと来ないかもしれませんが、例えば設備や器具、車両等の売却、有価証券の売却を行った際の代金のうち、まだ支払われていない金額が未収入金にあたります。

記帳の際に気をつけることは?

つまり、売掛金か未収入金かは、本業に関する取引なのかそれ以外なのかによって区別するということになります。売掛金と未収入金の区別が誤っていたとしても、法人税額や所得税額に影響があるわけではないので、税務上はさほど大きな問題はないかもしれません。

しかし、金融機関の融資対策のためには、この二つをしっかりと区別することをお勧めします。営業債権を未収入金として計上すると、本来、売上として計上できるものを雑収入として計上することになってしまいます。金融機関からの融資を考えている場合、売上の計上額が変わるため印象が悪くなってしまうのです。
決算書の評価を考え、売掛金と未収入金を正確に計上しましょう。

「買掛金」と「未払金」とは?

売掛金と未収入金の違いが理解できれば、「買掛金」と「未払金」の違いについても同様に考えることができます。

本業での取引に対して仕入れる商品やサービスに対して、後で支払う代金が「買掛金」で、本業以外の取引に対して後で支払うことになる代金が「未払金」となります。
この二つも同じように大切です。買掛金は営業上の債務なので、少ない方が有利になります。未払金に計上すべきものは正確に未払金に計上するようにしましょう。

請求業務から売掛金の回収まで代行するPaid(ペイド)

このエントリーをはてなブックマークに追加