【売掛金を活用した資金調達】「ABL」と「ファクタリング」の違い

資金調達の方法に、「ABL」と「ファクタリング」があります。どちらも売掛金を活用した資金調達の方法であるため、同じものだと認識していたり、混同されている方も少なくないようです。

しかし、この二つの方法はまったくの別物。
今回は、両者の違いについてご説明します。

ABL(売掛金担保融資)とは

「ABL」は「アセット・ベースト・レンディング」の略称で、売掛金などを裏付けに行われる融資のこと。「売掛金担保融資」とも呼ばれます。

一般的に、企業が保有している原材料や在庫、売掛金等の債権は、企業にとって利益を生み出す資産(事業収益資産)であると考えられています。これらの資産を担保として行われる融資が、売掛金担保融資です。

事業が継続することを前提とした融資であり、借り手(企業)と貸し手(金融機関等)の密接なコミュニケーションと協力関係に基づいて行われます。

ファクタリング(売掛債権譲渡)とは

「ファクタリング」は、確定している売掛金を売却して資金調達することから、「売掛債権譲渡」とも呼ばれます。

自社が持っている売掛債権を、手数料を支払ってファクタリング会社に売却し、本来自社で行う債権回収業務をファクタリング会社が行います。
これにより、迅速・効率的に資金回収することが可能になります。

ABLとファクタリングの違い

上記でお伝えしたとおり、ABLは融資を受けることによる資金調達であり、ファクタリングは売却することによる資金調達であるというのが両者の一番大きな違いとなります。
この違いにより、具体的には以下のような点で違いが生じます。

自社と売掛先、どちらの信用力が重視されるか

ABLで重視されるのは、融資を受ける企業の信用力です。業績が悪化している場合や、税金の未納などがある場合は、融資を受けられないこともあります。
一方、ファクタリングでは買取を依頼した企業よりも、売掛先の信用力が重視されます。基本的には赤字や税金の未納があったとしても、売掛金の譲渡が可能です。

調達できる資金の額

ABLは売掛先や売掛金の状況などに対する金融機関の評価によって、融資額が大きく変化します。売掛金の状況が良ければ、より多くの資金を調達できます。
一方ファクタリングは売掛金の譲渡なので、確定している売掛債権以上の資金調達を行うことはできません。

利用するためにかかる金利・手数料

ABLでは、担保とする流動資産の保全度合いや信用リスクに応じた金利が設定されます。日々のモニタリングにより業況を随時把握することによりリスクの分散・軽減が可能なので、その分低い金利の設定が可能になります。
それに対し、ファクタリングでは債権を買い取るファクタリング会社自身が貸倒れリスクを負うことになるので、手数料が高くなる傾向にあります。
また、ファクタリングの場合、返済が進めば利息負担が減る融資とは違い、買取を継続している期間は、買取金額に比例した手数料が発生します。

このエントリーをはてなブックマークに追加