請求書に印鑑が必要な理由と印鑑の押し方

請求書を作成して相手先企業に送る場合は、必ず印鑑を捺印しなければいけないと思っている方が多いのではないでしょうか。 しかし請求書に印鑑が無くても法律的には問題がないそうです。
今回はビジネスマンなら覚えておくべき、請求書の印鑑に関する情報をお伝えします。

請求書における印鑑の役割

なぜ請求書に印鑑を捺印することが一般的となっているのでしょうか?
理由としては、以下の2点が挙げられます。

・トラブルの防止
請求書に印鑑を捺印することで偽造しにくくなり、偽造した場合の罰則も重くなる。

・信頼度の向上
印鑑を捺印することで「会社が請求書を発行した」という証明に繋がるため、その請求書に対する信頼度が向上する。

現代の日本社会において、請求書を捺印せずに発行している会社はほとんど無いでしょう。

会社が使用する印鑑の種類

会社が使用する印鑑にはいくつか種類がありますが、それぞれの印鑑には違った役割があります。

・丸印
「代表者印」とも呼ばれるもので、法人を設立したときに法務局に登録する実印となっています。中央には役職名、その周囲には社名が入れられています。
会社が正式に作成した書類であることを証明するために使用する印鑑であるため、請求書で使われることはありません。

・銀行印
銀行で口座を開設する際に届け出る印鑑のことで、金銭の出納や小切手、手形の発行をするときに使われます。
こちらも請求書の作成時に使われることはありません。

・角印
会社名のみが入った印鑑で、丸印や銀行印と違ってどこかに登録する必要のないものとなります。
会社が発行した書類であることを認める際に使う「認印」となっており、請求書には角印が使われることが一般的となっています。

企業によっては印鑑の画像データを請求書に印刷しているところもありますが、先述の通り印鑑の捺印は義務ではないため、この方法でも法律的に問題はありません。

請求書の印鑑の押し方

一般的に印鑑を押す位置は自社名や所在地などが記載された部分の右側となります。
角印を、記載部分に少しかぶせて捺印するようにしましょう。
印鑑を記載にかぶせて押すことには「社印が複製されるリスクを防止する」という目的があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加